プログラマに大切なエージェントの使い分け

プログラマが求人や案件を探すときには、正社員の転職先を探す場合と、フリーランスの案件を探す場合が典型的です。ほかにも、契約社員やアルバイトの仕事を探すケースもありますが、基本的には正社員の求人を探すのと同じ方法で見つけることができます。プログラマは正社員として働きながら、副業としてフリーランスに向けて出されている案件を獲得していく場合も多く、両方を見比べながら今後の仕事を考えていくことが大切です。正社員として働きたいと思っている人も、実際にフリーランスの案件を見てみると、独立したいと考えるようになることがあります。逆に独立を考えていたときに、魅力的な正社員の求人が見つかることもあるでしょう。

効率的に探すためには、プログラマに強いエージェントを利用するのが合理的です。エージェントを活用すれば、自分のスキルセットや仕事の希望に合わせて求人や案件を探してくれます。この際に重要なのが、正社員の求人とフリーランスの案件に関して、エージェントを使い分けることです。フリーランスの案件と正社員の求人のどちらに強みを持っているかは、エージェントごとに異なっています。そのため、2社以上を使い分けてエージェントを最大限に活用すると、求人と案件を見つけ出しやすくなります。求人と案件を比較して選びやすくなるメリットもあるので、少なくとも2社には登録して利用していきましょう。正社員の求人とフリーランスの案件のどちらに強いかを意識して、エージェントを厳選するのが大切です。