どのようなプログラマになるかを考えよう

プログラマになりたいと考えている人は、できるだけ具体的にどのようなプログラマになるかを考えるのが大切です。プログラマを目指すときには、漠然としたイメージでプログラムを作成したいと思っていることがよくあります。しかし、開発現場によってプログラマに求められている役割にも違いがあるのです。仕事で何を担う人材になりたいかによって、身につけるべきスキルも異なります。プログラマは、基本的に仕様書や設計書に基づいてプログラムを作成するのが仕事です。現場で開発しているシステムは、多岐にわたっている場合もあれば、ほとんど同じシステムの場合もあります。プログラマになって何をしたいのかを具体的に考えることで、本当にやりたい仕事ができるようになるでしょう。

そこで、特定の開発を担えるようになりたいのか、あらゆる開発に柔軟に対応できるようになりたいのかをまずは考えることが大切です。特定の開発を担いたいのなら、プログラミング言語も厳選して、一つに特化したスキルを磨いていくことが欠かせません。しかし、多様なシステムを開発している現場で柔軟な対応をしていきたいなら、プログラミングの概念的な知識を深く身につけることが重要となります。プログラミング言語の習得は適宜行って、開発するシステムに応じて使い分けていきましょう。このような高度な能力を持つプログラマは、開発現場では重宝されています。特定の開発しか担えないプログラマよりも、将来性が高くて活躍機会も豊富になるでしょう。